2022-08

テント

コールマンツーリングドームSTとLXを選ぶ人におすすめの付属品

コスパ抜群なツーリングドームでも、テントだけ買っても快適なキャンプは出来ないんですね.......この記事では、コールマンツーリングドームを購入された方、検討している方が更に快適に過ごすために、インナーマット、グランドシート、タープなどテント以外に何を検討すると良いかを分かりやすく紹介します
テント

ogawa ステイシーST-Ⅱ ソロキャンプ、デュオに人気の理由

ソロなら超快適、デュオでも十分な寝室サイズで人気のogawa ステイシーST-Ⅱ 。購入を検討している方をひきつける一番のポイントがこの前室ではないでしょうか?ミニツールームテントといったつくりで、ソロキャンプならタープ不要ですね。使用するポールはたったの3本です。ひとりで20-30分あれば設営全て終えられそうです
マット寝袋

寝心地を快適にする5000円クラスのおすすめコット

コットは寝るだけでなくベンチや棚としても便利!寝心地を快適にするだけでなく、日中はベンチだったり、ちょっとしたモノを載せる台としてマルチに活躍する折りたたみベッドが「コット」です。ファミリーキャンプ、オートキャンプにはハイコットの方がベンチや物置棚として使ったりと使い勝手良いのでおすすめです
キャンプ場

温泉、お風呂が徒歩圏内の北海道のキャンプ場:旭川、名寄天塩エリア

言うまでもなく全国的な人気の観光地である富良野、美瑛エリアにも近く、人気のスポット旭山動物園にも行ける旭川市エリア。名寄、天塩エリアは少しマイナーかもしれませんが、その分空いていてゆったりと過ごせます。稚内方面への旅の途中に是非寄りたいですね。このエリアで温泉、お風呂が徒歩圏内のキャンプ場は9箇所ありました
ランタン

初心者必見:キャンプ初心者の失敗しないランタン選び

キャンプに行くとなるとランタンは必須の装備になり、キャンプ用品の売り場には必ずランタン、電池式ライトを扱っているコーナーがあります。おせっかいですが、キャンプには最低でも、キャンプサイトを明るく照らす大きめのガス、ガソリン式ランタンとテント内で寝る前に着替えたりするのに使う電池式ランタンが必須です
チェア、テーブル

初めてのキャンプ:テーブル選びのポイント、価格帯別おすすめモデル

イスとおなじでアウトドア用の折りたたみ式テーブルも、バーベキューする方は持っていますよね。ゼロからスタートの方は、これもキャンプに必須です!3000円くらいで十分使えるテーブルは買えますが、立派なお家に安っぽい家具が似合わないように良いテントを買ったら、それなりの家具(イス、テーブル)を置かないと不釣り合いですね
マット寝袋

北海道の春秋キャンプにオススメの寝袋は0度から5度対応

この記事では、雪中キャンプまではしないけど10月までキャンプをしたいのでそれに適した暖かい寝袋を探している方におすすめの商品を紹介します。寒さの感じ方は個人差もあるので、残念ながら5℃対応の寝袋でちょうど5℃の夜だと寒いものです......できれば0℃対応くらいのものを持っていると安心ですよ。
ランタン

LEDランタンだけでキャンプに行けるのか?人気モデルをチェック

LEDランタン、ライトは大手ブランドにこだわらずに、明るさ(ルーメン数)、電球色のパターン、明るさ調整機能、連続点灯時間、バッテリーの持続、充電時間、価格、デザインの好み。ここをチェックして自分好みの夜の灯りを選びたいですね!
キャンプ場

温泉、お風呂が徒歩圏内の北海道のキャンプ場:ニセコ後志エリア

徒歩圏内にお風呂、温泉があるキャンプは最高!北海道キャンプ場ガイド最新版に掲載されている327箇所から徒歩圏内にお風呂があるキャンプ場をチェックしましたよ!札幌からも行きやすい羊蹄山周辺などを紹介します。温泉が豊富なイメージのニセコですが、徒歩圏内にお風呂があるサイトは意外と5箇所だけでした
店選び

初めてキャンプ用品揃えるならどこのお店が良いですか?札幌版

キャンプ、アウトドア用品はしっかり現物を自分で確かめて買いたいですね。札幌市でキャンプ用品を見るなら、最初はスタッフが色々と教えてくれる、大型専門店でテント、マット、ランタンなど必須のグッズを揃え。色々と調べながら、近所のお店やネットも見て、お気に入り、お買い得を買い足していくのが良いと思いますよ!
タイトルとURLをコピーしました