2023-04

テント

初心者のキャンプにトンネル型、カマボコテントはオススメですか?

スノーピークのエルフィールド、エントリーパックTT以外のトンネル、カマボコ型は強くオススメできません。ただ、DOD(ディーオーディー)は評価と仕様を見る限り、悪い買い物では無いと思いました。その他のネット通販で出ているカマボコ型は、初めて買う方には良い商品かを見分けるのが難しくオススメできないというのが、今の所の結論
店選び

初心者にオススメの安くて使えるPBキャンプ用品2023年版

代表的なプライベートブランドと、検討するべきオススメ商品を紹介します。イオンのトップバリュー、セブンイレブンのセブンプレミアムのように低価格でありながら価値ある商品を提供しているのがPBの魅力であることはキャンプ用品でも同様です。ナチュラムが販売するハイランダー、スポーツオーソリティのタラスブルバなどからオススメを紹介
BBQ焚き火

おすすめ焚火台:ファイアグリル、ファイアーディスク、ピラミッド

キャンプ場の地面、特に芝生のところはコレ無しに地面で直に火は燃やせないですから、焚き火台が必要になります。テント、マット、ランタンほど商品の善し悪しでキャンプそのものの快適さを左右はしないので、デザインだったり、価格、ブランドで好きなものを選んでもらって大丈夫だと思いますよ。
BBQ焚き火

初めてのキャンプ:ガスバーナー、コンロはあると便利な必需品

最初のキャンプから最低1台はガスを使うコンロ、バーナーを持っていく事を強くおすすめします!簡単さにこだわるならカセットコンロ、コンパクト重視ならシングルバーナー、家のように色んな料理を楽しむならツーバーナーがあると便利!
店選び

キャンプ用品を買うならどこのお店が良いか?北海道エリア別おすすめ

この記事では、キャンプ用品をこれから揃えよう!とスタートラインに立った方が、どこのお店に行けば良いのか?を実際に幾つもの売り場を見てきた経験からアドバイスさせて頂きます。展示が無く箱に入った状態なので良く分からない、店員さんに聞いても知識が無いのか満足な接客を受けられない、そういった不満を解決するお店をオススメします
ランタン

初心者必見:キャンプ初心者の失敗しないランタン選び

キャンプに行くとなるとランタンは必須の装備になり、キャンプ用品の売り場には必ずランタン、電池式ライトを扱っているコーナーがあります。おせっかいですが、キャンプには最低でも、キャンプサイトを明るく照らす大きめのガス、ガソリン式ランタンとテント内で寝る前に着替えたりするのに使う電池式ランタンが必須です
タープ

初心者のタープ選び:スクリーンタープ、シェルター

テントに合わせたカラーリングのスクリーンタープを連結して使うのが、5−6年前の王道スタイル。寝室、リビングともツールームテントを上回るスペースづくりが可能なメリットがあります。ツールームテントのリビングスペースで物足りない方は、この記事を参考にしてスノーピーク、コールマンのスクリーンを検討してみてはいかがでしょうか?
テント

初心者のテント選び:ツールームテントは3万円以下で買える?

例えば家族3-4人、「5万円くらいでキャンプ一式揃わないかなー」なんて方も夫の話では売場にちょくちょく来るそうです。ネットでいろいろ調べられる時代になったので、事前に「一式5万はキツイな」って方が多いのは事実ですが、まだまだ低価格志向の方もいますよね。そうなると、テントに割ける予算は3万円以内くらいでしょうか?
ランタン

キャンプ初心者におすすめ:サイトを照らす大きいガスランタンは必須

サイト全体を明るく照らせる大型から、テーブルランプに丁度よい小型まであって、なおかつ着火にガソリンランタンほどコツを必要としないガスランタンを紹介していきます。ポンピング無しの着火の簡単さから、初心者の方の最初の1台に多く選ばれていると思います。ランタンはコールマンが特に初心者には心配が少なく、安心して使えると思います
チェア、テーブル

初めてのキャンプ:テーブル選びのポイント、価格帯別おすすめモデル

イスとおなじでアウトドア用の折りたたみ式テーブルも、バーベキューする方は持っていますよね。ゼロからスタートの方は、これもキャンプに必須です!3000円くらいで十分使えるテーブルは買えますが、立派なお家に安っぽい家具が似合わないように良いテントを買ったら、それなりの家具(イス、テーブル)を置かないと不釣り合いですね
タイトルとURLをコピーしました