テント

テント

初心者必見!タフスクリーンツールームハウスに合わせたマット

「タフスクリーンツールームハウスMDX」。同じサイズ、形状ながら遮光生地で暑さを和らげる「タフスクリーンツールームハウスMDXプラス」。十分なスペースと機能を備えて快適なキャンプを約束してくれるコールマンのツールームでも寝室にインナーマット、インフレーターマットを用意しないことには本当に快適なキャンプは出来ないです
テント

キャンプ初心者でも大丈夫!コールマン4Sワイド2ルームカーブ

初めてのご家族でもポールを決まった場所へ差し込んで立ち上げ、形にするまでに20−30分くらい。ペグ、ロープをがっちりセットするのに40−50分あれば出来るかと思います。全体のサイズは画像の通り6.5m☓3.5m(張り綱を含む) 車を横付けするオートキャンプサイトに丁度よいサイズ感のツールームテントです
テント

実質5万前後:ロゴスneosPANELスクリーンドゥーブル

LOGOSが誇る、王道にして最強の2ルームテント。1996年に登場以来LOGOSを代表する2ルームテント「ドゥーブル」。実用性の高いリビングルームと家族6人ですごせる寝室を兼備。テントぴったりグランドシート・XLがセットになって、今楽天では65780円。十分な価値があるモデルだと思いますよ!
テント

初心者でも10万以上の高額ツールームテント買ってます

初めてのテントに各社の10万オーバーモデルが結構買われていますよ!初めてにおすすめの10万円超えツールームテント。スノーピーク ランドロック、コールマン マスターシリーズ 4Sワイド2ルームコクーンⅢ、コールマン マスターシリーズ 4Sワイド2ルームカーブ、ogawa(オガワ)アウトドア キャンプ テント アポロン
テント

ogawa ティエラ ラルゴはogawaの最高峰ツールームテント

ogawa ティエラ ラルゴはこんな方にオススメです。5人家族なので、エルフィールドやコールマンタフスクリーンツールームハウスでは狭い、予算は気にせず「快適」「悪天候にも強く安心」な良いモノが欲しい、ハイスペックなモノが欲しいが設営は難しくない方がいい。スノーピーク、コールマンはたくさん見かけるので違うブランドを買いたい
テント

キャンプ初心者でも大丈夫!コールマン4Sワイド2ルームコクーンⅢ

5人家族なので、エルフィールドやコールマンタフスクリーンツールームハウスでは狭い、予算は気にせず「快適」「悪天候にも強く安心」な良いモノが欲しい、ハイスペックなモノが欲しいが設営は難しくない方がいい。そんな贅沢でワガママな要望を満たしてくれるテントが、コールマン4Sワイド2ルームコクーンⅢ
テント

初心者のキャンプにトンネル型、カマボコテントはオススメですか?

スノーピークのエルフィールド、エントリーパックTT以外のトンネル、カマボコ型は強くオススメできません。ただ、DOD(ディーオーディー)は評価と仕様を見る限り、悪い買い物では無いと思いました。その他のネット通販で出ているカマボコ型は、初めて買う方には良い商品かを見分けるのが難しくオススメできないというのが、今の所の結論
テント

2万円以下のテントならコールマンかキャンパーズコレクション

いま流行りのツールームテントではなく、ドーム型テントを選んだ方へ価格帯別にどんなモデルがあって、それぞれの良いところ、悪いところを紹介したいと思います。まずは、正直なところ余りオススメとは言い難い最安クラスから書いてみます。価格に見合った価値がありそうなのは、キャンパーズコレクション、コールマンくらいに感じましたよ。
テント

タフスクリーン2ルームハウス旧モデルは現行より安ければお得です

コールマン タフスクリーン2ルームハウス2020年モデル。寝室になるインナーテントは約320×230cm、お子さんが大きい4人家族でも大丈夫なスペース。リビングルームは家族4人分のチェア、テーブル、調理機材といったベースとなるものを置いて「ちょうどいいくらい」のスペース。これから始める方には十分かと思いますよ。
テント

ロゴスプレミアム 3ルームドゥーブルは価値あるテントかチェック

この記事ではロゴスのフラッグシップモデル、プレミアム 3ルームドゥーブルのスペックやお買い得感をチェックして紹介しますね。このポール本数、構造は競合モデルのスノーピークランドロック、コールマンマスターシリーズ(コクーンⅢ、カーブ)、ogawaアポロンなどと比較して簡単なのは間違いない
タイトルとURLをコピーしました