マット寝袋

マット寝袋

いま人気のインフレーターマット ロゴスも充実のラインナップです

この記事ではコールマンに劣らず人気がある「ロゴス」のインフレーターマットをチェックし良い所、良くないと思われる所を紹介させていただきます。価格に見合った価値がしっかりとあるロゴスのインフレーターマットではありますが、競合モデルもたくさんあって、そのタイミングによっては結構価格の開きもあります。
タープ

【2022年版】ゼロから揃える初めてのファミリーキャンプ用品

さぁゼロからキャンプを始めよう!という方が揃える必要があるものを順番に紹介します。いま、どんな商品を買うべきか?オススメは?何もかもが、調べても分かりにくかったり、店やネットで見ているだけでは理解しにくいのがキャンプ用品だと思うんです。知識ゼロの方でも理解できるように噛み砕いて書いていきます!
マット寝袋

1年中使える寝袋:コールマン「マルチレイヤースリーピングバッグ」

3枚に分かれた生地の組み合わせを変えることで、寒いときも、暑い日も快適に眠れる好みの温度域の寝袋に変化させる事ができるのがマルチレイヤースリーピングバッグの一番の特徴なんです。夏用(10℃から15℃)の寝袋を買って「秋冬に寒い」、秋冬向け(0℃から5℃)を買って「夏暑すぎる」といった不満をこれ1枚で解消してくれる商品です
マット寝袋

キャンプ初心者が失敗しない寝袋選び:おすすめモデル

北海道でキャンプするなら、最低使用温度5℃対応 1枚あたり相場4000−5000円 スノーピーク、コールマン、ロゴスあたりは安心です。 この3社以外は、店頭で実物が見られないです。くれぐれも、夏だけ仕様の安い、どうでも良い寝袋だけは買わないことをオススメします!
マット寝袋

最高に快適なコールマンキャンパーインフレーターマットハイピーク

マット類はキャンプを始めてから、最初には買わなくても少し経験を積んでから買い足し、買い替えをしたくなることが多いナンバーワン。一番売れてるコールマンインフレーターマットハイピーク。この価格で、この寝心地、使い勝手は満足のいく商品です!札幌市内で現物を見るなら、秀岳荘白石店では常時展示、体験可能でした
マット寝袋

初心者必見!キャンプにマットは必須:寝心地を良くするには?

テントを買ったら必ずマットが必要です!まずは最低限、少しのクッション性があるインナーシートで家族をカバーするか?最初から寝心地重視でインフレーターマットを選択するか?エアベッドも安くてありです。ただ、フワフワした寝心地と、品質悪いと空気漏れのリスクがあるので注意が必要です!
タイトルとURLをコピーしました