マット寝袋

テント

コールマンツーリングドームSTとLXを選ぶ人におすすめの付属品

コスパ抜群なツーリングドームでも、テントだけ買っても快適なキャンプは出来ないんですね.......この記事では、コールマンツーリングドームを購入された方、検討している方が更に快適に過ごすために、インナーマット、グランドシート、タープなどテント以外に何を検討すると良いかを分かりやすく紹介します
マット寝袋

寝心地を快適にする5000円クラスのおすすめコット

コットは寝るだけでなくベンチや棚としても便利!寝心地を快適にするだけでなく、日中はベンチだったり、ちょっとしたモノを載せる台としてマルチに活躍する折りたたみベッドが「コット」です。ファミリーキャンプ、オートキャンプにはハイコットの方がベンチや物置棚として使ったりと使い勝手良いのでおすすめです
テント

初めてのキャンプ:限られた予算でもお金をかけたほうが良い道具は?

限られた貴重な予算をどこに多くかけるべきか??キャンプの主役テント、タープはお金をかけるべきです。寝心地が悪いとキャンプが嫌になる。マットと寝袋も出来れば良いものを。安物が存在しないサイト全体を照らす大型ランタンもケチらずに買って頂きたいですね
マット寝袋

初心者におすすめコールマンアドベンチャークッションバッグ/C5

北海道の春秋でも安心の5℃対応。車中泊にもぴったりのサイズ。クッションとして普段使い可能。洗濯機で丸洗い可能。コストパフォーマンスに優れているお買い得感ある商品です。もうワンランクアップして安心するなら、2021年10月発売のアドベンチャークッションバッグ/C0 税込み定価11800円 を検討するのが良いでしょう
マット寝袋

北海道の春秋キャンプにオススメの寝袋は0度から5度対応

この記事では、雪中キャンプまではしないけど10月までキャンプをしたいのでそれに適した暖かい寝袋を探している方におすすめの商品を紹介します。寒さの感じ方は個人差もあるので、残念ながら5℃対応の寝袋でちょうど5℃の夜だと寒いものです......できれば0℃対応くらいのものを持っていると安心ですよ。
マット寝袋

スノーピークエルフィールドに合わせるマットグランドシート

サイズや設営、撤収の簡単さ。快適に過ごせる仕様など不満が非常に少ない完成されたツールームテントです。ただ、そのエルフィールドを買ったとしても、寝室に「インナーマット」、「インフレーターマット」もしくは「エアベッド」地面と床面の間に「グランドシート」。これらを用意しないことには本当に快適なキャンプは出来ないんですよ
マット寝袋

初心者必見!キャンプにマットは必須:寝心地を良くするには?

テントを買ったら必ずマットが必要です!まずは最低限、少しのクッション性があるインナーシートで家族をカバーするか?最初から寝心地重視でインフレーターマットを選択するか?エアベッドも安くてありです。ただ、フワフワした寝心地と、品質悪いと空気漏れのリスクがあるので注意が必要です!
マット寝袋

最高に快適なコールマンキャンパーインフレーターマットハイピーク

マット類はキャンプを始めてから、最初には買わなくても少し経験を積んでから買い足し、買い替えをしたくなることが多いナンバーワン。一番売れてるコールマンインフレーターマットハイピーク。この価格で、この寝心地、使い勝手は満足のいく商品です!札幌市内で現物を見るなら、秀岳荘白石店では常時展示、体験可能でした
マット寝袋

キャンプ初心者が失敗しない寝袋選び:おすすめモデル

北海道でキャンプするなら、最低使用温度5℃対応 1枚あたり相場4000−5000円 スノーピーク、コールマン、ロゴスあたりは安心です。 この3社以外は、店頭で実物が見られないです。くれぐれも、夏だけ仕様の安い、どうでも良い寝袋だけは買わないことをオススメします!
マット寝袋

コールマン4Sワイド2ルームカーブに合わせるマットグランドシート

3−4人家族に十分なスペースと機能を備えて快適なキャンプを約束してくれるカーブですが、寝室に「インナーマット」、「インフレーターマット」もしくは「エアベッド」、地面と床面の間に「グランドシート」。別売りになりますが、これを用意しないことには本当に快適なキャンプは出来ないんですよ
タイトルとURLをコピーしました