ランタン

LEDランタンだけでキャンプに行けるのか?人気モデルをチェック

LEDランタン、ライトは大手ブランドにこだわらずに、明るさ(ルーメン数)、電球色のパターン、明るさ調整機能、連続点灯時間、バッテリーの持続、充電時間、価格、デザインの好み。ここをチェックして自分好みの夜の灯りを選びたいですね!
テント

初心者がドーム型テントを選ぶメリットは?

ドーム型テントがツールームテントを上回るメリット。寝室、リビングとも広いスペースが可能です。好きな場所に立てられてレイアウトが自由!家族構成やキャンプ仲間に合わせて、寝室、リビングの広さをアレンジできる。ツールームテントがオススメのいまのキャンプ業界ですけど、ドーム型テントとタープをそれぞれ買うメリットもあります!
テント

徹底比較:スノーピークエントリーパックTTとエルフィールド

寝室サイズはエルフィールドが大きく、リビングはタープ単体を張るエントリーパックTTが大きい。ただしリビング部分はエルフィールドならメッシュ、フルクローズ可能です。素材、スペックは同等レベル。設営の簡単さはツールームテントだけで済むエルフィールドが簡単室内を快適に保つ機能はエルフィールドが上回る
タープ

【2021年版】ゼロから揃える初めてのファミリーキャンプ用品

さぁゼロからキャンプを始めよう!という方が揃える必要があるものを順番に紹介します。いま、どんな商品を買うべきか?オススメは?何もかもが、調べても分かりにくかったり、店やネットで見ているだけでは理解しにくいのがキャンプ用品だと思うんです。知識ゼロの方でも理解できるように噛み砕いて書いていきます!
テント

キャンプ初心者でも大丈夫!コールマン4Sワイド2ルームカーブ

初めてのご家族でもポールを決まった場所へ差し込んで立ち上げ、形にするまでに20−30分くらい。ペグ、ロープをがっちりセットするのに40−50分あれば出来るかと思います。全体のサイズは画像の通り6.5m☓3.5m(張り綱を含む) 車を横付けするオートキャンプサイトに丁度よいサイズ感のツールームテントです
マット寝袋

コールマン4Sワイド2ルームカーブに合わせるマットグランドシート

3−4人家族に十分なスペースと機能を備えて快適なキャンプを約束してくれるカーブですが、寝室に「インナーマット」、「インフレーターマット」もしくは「エアベッド」、地面と床面の間に「グランドシート」。別売りになりますが、これを用意しないことには本当に快適なキャンプは出来ないんですよ
テント

初心者必見!タフスクリーンツールームハウスに合わせたマット

「タフスクリーンツールームハウスMDX」。同じサイズ、形状ながら遮光生地で暑さを和らげる「タフスクリーンツールームハウスMDXプラス」。十分なスペースと機能を備えて快適なキャンプを約束してくれるコールマンのツールームでも寝室にインナーマット、インフレーターマットを用意しないことには本当に快適なキャンプは出来ないです
テント

デュオ、カップルに最高!ogawaツールーム ティエラリンド

ティエラリンドは二人でキャンプをする方に最適なツールームテントです。ご夫婦、カップルでの大人二人使用が最適では無いでしょうか。設営の心配はまったく無いと思います。コンパクトなので大型のツールームテントよりも労力は少ないです。素材や機能を見ていくと価格に見合った価値があるテントだと私は思います
テント

初心者でも大丈夫:ベストセラー「スノーピーク ランドロック」

5人家族なので、エルフィールドやコールマンタフスクリーンツールームハウスでは狭い、予算は気にせず「快適」「悪天候にも強く安心」な良いモノが欲しい、ハイスペックなモノが欲しいが設営は難しくない方がいい。そんな贅沢でワガママな要望を満たしてくれるテントが、スノーピークランドロックです。
テント

コールマンツーリングドームSTとLXを選ぶ人におすすめの付属品

コスパ抜群なツーリングドームでも、テントだけ買っても快適なキャンプは出来ないんですね.......この記事では、コールマンツーリングドームを購入された方、検討している方が更に快適に過ごすために、インナーマット、グランドシート、タープなどテント以外に何を検討すると良いかを分かりやすく紹介します
タイトルとURLをコピーしました