徹底比較:タフスクリーン2ルームハウスMDX+とエルフィールド

テント

初めてキャンプを始めるファミリーの8割以上?くらいが選んでいるのではと思うほど人気の「ツールームテント」その中でも売れ筋2モデルが

  • スノーピーク エントリーツールーム エルフィールドと
  • コールマン タフスクリーン2ルームハウスMDX+(プラス)です

下の記事でも簡単に各モデルの特徴を書きましたが、今回は迷って困っている方向けに

  1. 寝室とリビングスペースのサイズ
  2. 設営の簡単さ
  3. 生地、ポールなどの素材スペック
  4. 換気性能、遮熱性能での快適さの違い
  5. どこのお店で見られるか?
  6. 価格、お買い得に買う方法は?

皆さんが気になる最新情報(2021年9月17日更新)、細部を徹底的に比較してみたいと思いますよ

もしもツールームテントではなく「ドーム型」が気になっている方は、こちらもチェックしてみてくださいね

寝室とリビングのサイズは互角な両者

まずはエルフィールドです

Snow Peak
¥87,780 (2021/06/19 22:47時点 | Yahooショッピング調べ)
公式のサイズ画像

エントリー2ルームエルフィールドの使い勝手と購入するメリットを詳しくブログで紹介! : Kutikomi
室内の写真です。大人用の幅広寝袋だと3枚でいっぱいですね

インナーテント(寝室部分)は横幅最大315cm☓奥行き230cm☓高さ175cm

床面が台形の形状なので、縦に寝た場合は足元が狭くなっていきます。

3人家族ならかなり広々と、4人家族でも十分なスペースでゆったりと眠れます!
4人家族といっても、お子さんがまだ小学校低学年くらいまでのご家族ならかなりゆったり、お子さんが高学年で大きくなっている家族でもオススメできる広さです。

エントリー 2ルーム エルフィールド」の実物を徹底レビュー!スノーピークの大型トンネルテント | 魅惑のキャンプ
インナーテントを付けたままでも広いリビング

リビングスペースは全長から寝室部分を差し引いたサイズで幅380cm☓奥行き370cmはあります。家族4人がテーブルを囲むには十分な広さのスペースです。

コールマンタフスクリーン2ルームハウス/MDX+のサイズはどうでしょう

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+
公式のサイズ画像

寝室がエルフィールドは足元部分が狭くなる台形の床の形に対して、タフスクリーン2ルームは長方形の寝室です。幅300cm☓奥行250cmの室内はエルフィールド同様にお子さんが大きくなっても心配なしです!写真のようにダブルサイズのインフレーターマットを2枚入れても隙間があります

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+、LDX+のすごい所✨】... - コールマン アドバイザリー 幕張新都心 | Facebook

リビング部分は幅340cm☓奥行約300cmでエルフィールドより狭いですが、十分な広さ。

タフスクリーン2ルームハウス/MDX+の使い勝手と購入するメリットを詳しくブログで紹介 : Kutikomi


リビングが広いのが欲しければ兄弟モデルの「タフスクリーン2ルームハウス/LDX+」(91,800円税込み)を検討してみてください。リビングの奥行約60cm広くなります。

サイズ比較まとめ

どちらもお子さんが大きい4人家族でも十分な広さを備えており、ほぼ互角かと思います!

設営のカンタンさも互角

この設営の方法が2モデルの大きく違うポイントになります。

エルフィールドはポールを差し込んだだけでは自立しないタイプの

「トンネル型、カマボコ型」

ポールをセットしても自立はしません。

エントリー2ルーム エルフィールド 設営手順|Entry 2 Room Elfield How to SETUP
公式動画:7分

トンネル型、カマボコ型のテントについてはこちらも参考にどうぞ

タフスクリーン2ルームはポールを差し込んで立ち上げると自立する「ドーム型、クロスフレームのツールームテント」

ポールをセットする事で自立してくれます

テントの設営方法「タフスクリーン2ルームハウス/LDX+」| コールマン
公式動画:8分

このふたつのタイプのどちらが簡単か?

という事への答えは個人差がありまして、トンネル型が良いという方もいれば、クロスフレームが良いという方もいるんですよ。

設営に使用するポールの本数は、

エルフィールド:5本

タフスクリーン2ルーム:5本

と変わりありません。

設営時間は個人差もあるので一概には言えませんが、大体どちらも20−30分程度(ロープ張り除く)かと思います。

設営の比較まとめ

どちらが簡単とは甲乙付け難いです。

どちらも20−30分で初心者の方でも無理なく設営できる構造となっていて、この2モデルより極端に簡単なモデルが他社にあるという訳ではありません。十分に簡単な部類です

動画だけで不安な方は

アルペンアウトドアーズ発寒の設営会や、イベントでの設営実演を体験してみてはいかがでしょう?

素材のスペックは長く使うのに充分

ポールはともにすべて頑丈で長持ちする

アルミフレーム

価格の安いテントはアルミフレームでなく

FRP(繊維強化プラスチック)です。注意して見てくださいね。

生地もともに

外側のフライシートは75Dポリエステルタフタ

寝室は68Dポリエステルタフタ

床面は210Dポリエステルオックスフォード

とまったく互角のスペックでした。

生地による優劣はありません。

換気性能と遮熱性能で快適さが違う

ここでコールマンの「ダークルームテクノロジー」がスノーピークエルフィールドを上回る性能を発揮します

2020032205
光をさえぎって真っ暗な寝室のコールマン

日光をシャットアウトする生地の加工をしてある「ダークルームテクノロジー」で寝室が暑くなるのを防ぎます!!
北海道でも最近の夏は暑いですよね、キャンプ場では当たり前ですがエアコンは使えませんから気温をダイレクトに感じることになります。このテントの寝室は本当に真っ暗!!
遮光カーテンの部屋で寝ている感覚、

実際の外気との温度差は体感ですが10℃くらいは違いを感じられます。

秋に異常に寒い、という事は無いのでご安心くださいね。

昼間からプロジェクターを使えるメリットも

ダークルームテクノロジーに加えて、寝室部分のベンチレーション(換気するメッシュの窓です)の多さもコールマンが上回ります

2020032204 (3)
寝室のサイドにも大きな窓があります

画像の通り、寝室部分のサイドに開閉可能なメッシュ窓があるので、日中は開けておけば室内の温度上昇を防げますよ!
あまりに暑い夜なら開けて網戸にしておけば風が通りますね!これはエルフィールドには無いメリットです。

エントリー2ルーム エルフィールド
エルフィールドには寝室部分にコールマンほどは
メッシュがありません

冷気を防ぐ「スカート」と呼ばれる地面に接する生地部分は、どちらもリビングにはあるけど寝室部分には無しで同じ仕様でした。秋キャンプくらいまでは行けるけど、北海道の冬キャンプはオススメできません。

冬キャンプをするなら、もうワンランク上のモデルをオススメします

リアル店舗:どこに行ったら見られる??

札幌市内であれば、両ブランドに注力している

  1. アルペンアウトドアーズ発寒
  2. 秀岳荘白石店
  3. DCMホーマックアウトドア元町店、篠路店

まずはこの3社がオススメです!展示だけでなく、初心者に納得の接客をしてもらえると思います

北見市ならアウトドアフロスが一番おすすめ、次にスポーツデポ

苫小牧ならイオンモールのスポーツオーソリティがベスト

旭川、帯広、釧路では

スポーツデポが分かりやすいと思います。それぞれの街のおすすめストアはこれから追記していきます

ただ同じ店舗で同時に展示品を見て比較するとなると札幌市内の大型店でなければ難しいかもしれません。事前にお店に確認してみて下さいね。

価格と比較ポイントのまとめ

コールマンの「ダークルームテクノロジー」が暑さを防ぐというポイント以外は、ほぼ互角のスペックだとあらためて思いました。

  1. サイズ
  2. 素材、スペック
  3. 設営の簡単さ
  4. 取り扱い店舗の多さ(多いほうがアフターも安心ですよね!)

に大差が無い人気の2モデルです。

価格も拮抗していて、

スノーピーク:税込み87,800円

コールマン:税込み81,800円 

6000円コールマンが安いですが、リビングサイズを大きくするためにワンサイズ大きい

「タフスクリーン2ルームハウス LDX+」を選択すれば税込み91,800円でスノーピークを上回る価格でまた悩みますね…….

決め手としては、

  1. ブランドの好み
  2. 本体カラーの好み
  3. トンネル型かクロスフレーム型か??
  4. 暑さを防ぐダークルームに魅力を感じるか?

この辺りのポイントをご家族でよーく話し合って決めるしか無いと思います!

Snow Peak
¥87,780 (2021/06/19 22:47時点 | Yahooショッピング調べ)

タフスクリーンツールームハウスMDXプラスはネット通販では定価販売以下を余り見かけませんので気をつけてくださいね

コールマン(Coleman)
¥87,300 (2021/08/15 22:18時点 | Amazon調べ)

タフスクリーンツールームハウスMDXプラスは、2022年7月の新商品も発表されていますので気になる方はチェックしてみてくださいね

ダークルーム(遮光、遮熱)にこだわらなければベージュ色のモデルもありますよ

最後に:この2モデルを少しでもお得に買う方法

どちらにしても定価で9万円近い出費、高額なお買い物ですから少しでも安くお得に買うチャンスがあれば知りたいですよね!お店のセール、ネット通販の価格変動は不定期なのでよくチェックしてみてください。

秀岳荘のLINEクーポン10%オフセール

以前はGWと10月の年2回、全品10%オフセールを開催していました。高額品の10%は大きいので大混雑するインパクトあるセールでした。

ただ2020年、今年(2021年)はコロナ対策で密を避けるために「LINEクーポン」をお友達登録している会員向けに配布する形に変わっています。

直近では5月1日から16日がセール期間でした。タフスクリーンツールームもエルフィールドも10%引きだと1万円近く変わりますので是非登録をオススメします

アルペンアウトドアーズ発寒の10%ポイント還元セール

こちらも不定期ではありますが、キャンプ用品やコールマン商品とその時によって対象商品が変わる

「10%ポイント還元セール」

をちょくちょく実施します。値引きにはなりませんが、実質10%分の店内で使用できるポイントが入れば、それを寝袋やマットなど購入必須のモノに当てられるので値引き同様ですね。

スポーツオーソリティメンバーズ割引

スポーツ用品・アウトドア用品|スポーツオーソリティ|カード・メンバーズ情報
カード・メンバーズ情報

こちらは不定期ではなく、会員にさえなってしまえば毎月の20日、30日感謝デーは10%オフです。

すぐに欲しい時はネット通販で

コールマンのタフスクリーンツールームハウスMDXプラス、LDXプラスは楽天、Amazonでの販売は無いようです。

エルフィールドは楽天、Amazonで10%オフまでは見当たりませんが5%ポイント還元はされていますので、10%オフのセールが待てない方、ポイントをお持ちでネットで購入したい方は楽天、Amazonもありですね!

Snow Peak
¥87,780 (2021/06/19 22:47時点 | Yahooショッピング調べ)

最後までお読み頂きありがとうございました!

まだこの2モデルに絞りきれていない方は、ゆっくりと自分たちに合うテントを検討してみてくださいね

まったくゼロ、初めからキャンプ用品を買う順番はこちらをどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました