北海道各エリア別:キャンプ初心者にオススメのお店2021年最新

店選び

キャンプ用品を見に行くならこのお店!というオススメストアを厳選しました

この記事では、北海道でキャンプ用品をこれから揃えよう!とスタートラインに立った方が、どこのお店に行けば良いのか?を実際に幾つもの売り場を見てきた経験からアドバイスさせて頂きます。

(2021年8月30日更新です)

北見市アウトドアフロス2021年4月
スポーツオーソリティ旭川西2021年3月

初めてキャンプにチャレンジする時には、まずは道具選びでなかなか苦労するものです。

事前にネットや本、雑誌で情報収集、事前学習してからお店に行ってみても

  1. 展示が無く箱に入った状態なので良く分からない
  2. 品揃えが悪いのか?見たいモノが見つけられない
  3. 店員さんに聞いても知識が無いのか満足な接客を受けられない

みなさんのこういった不満を解決してくれる、北海道内の各エリアオススメのアウトドア用品販売店を実際に足を運んで見た新鮮な情報で更新していきたいと思います。

札幌市で初心者におすすめのストア

アウトドア用品を実際に見て、買うという事についても他のお買い物同様に札幌市内が北海道内では一番恵まれた環境です。

出来るだけ沢山の「展示品」「実際に体験」をしたうえで買いたいですよね?

2020年オープンのアルペンアウトドアーズ発寒店と、2000年代前半からスノーピークストアとコールマンコーナーを展開してきた老舗の秀岳荘白石店は一度は行くべきストアだと思います。

初心者の方こそこの2店舗でじっくりと検討するのをオススメしますよ

画像
アルペンアウトドア2021年5月

札幌市内のストア情報はこちらの記事をどうぞ

旭川市で初心者におすすめのストア

人気の朱鞠内湖などの道北エリアや、富良野美瑛でのキャンプの拠点になる旭川市。

札幌市内のような大型アウトドア専門店はありませんが、スポーツデポ永山を筆頭にキャンプ用品が充実した店をピックアップしました

画像
2021年3月のスポーツオーソリティ旭川

帯広市で初心者におすすめのストア

道東エリアへの入口で、いつも活気がある帯広市。帯広市内もスポーツデポが中心となりますが、ホームセンタージョイフルエーケーも充実の品揃えです。ちょっとマニアックな釣具屋もありますよ

画像
2021年4月のスポーツデポ帯広店

北見市で初心者におすすめのストア

北見には2020年にリニューアルオープンした老舗ホームセンター「坂本ホーマ」が展開するアウトドア、釣具専門店「フロス」がオススメです!

画像
2021年4月のアウトドアフロス
2021年4月のアウトドアフロス

苫小牧市で初心者におすすめのストア

初心者に安心の通年オープンのオートキャンプ場「アルテン」がある苫小牧。

この街でキャンプ用品を買うならイオンモール一択です!

イオンモールとしては北海道ナンバーワンのアウトドアコーナーがあり、それとは別にスポーツオーソリティ、モンベルが同居しています

イオンモールのアウトドアコーナー2021年4月

他の街もこれから追記していきます

2021年2月からこのブログを書き始め、8月現在でまだ今年行けていない街は書けていません。

実際に店を見ないで書くのも失礼なので、もう少しお待ちください。

まとめ:スノーピーク、コールマン、ロゴスは道内各地で見られる

  1. 大型スポーツ量販店(スポーツデポ、スポーツオーソリティ、ゼビオ)で取り扱いがあるスノーピーク、コールマン、ロゴス、ユニフレーム、SOTO
  2. ホームセンター(ホーマック、ジョイフルエーケー、コメリパワー)とディスカウントストア(ドン・キホーテ、トライアル)で取り扱いがあるコールマン、キャプテンスタッグ、ロゴス、バンドック、ノースイーグル

これらのブランドがほぼ北海道各地で現物を見やすいアウトドアブランドになると思います。

画像
2021年3月のゼビオ月寒

こうしてみますと、残念ながら札幌に来ないと見られないブランドも多々ありますね。見られないブランドの代表格をあげますと

  1. ogawa
  2. サバティカル
  3. ノルディスク
  4. ゼインアーツ
  5. テンティピ
  6. ヘリノックス

などなど….他にもたくさんありますが、キリがないので。

DODは札幌でも現物は見られない(2021年8月に少量ですがアルペンアウトドアーズ発寒で取り扱い開始)ので、ネット情報とキャンプ場で見かける現物、友人知人の持ち物に頼るしかなさそうです。

ゼロからキャンプ用品を揃える方はこちらも参考にしてみてくださいね!

まずはテント選びからスタートです

コメント

タイトルとURLをコピーしました