実質5万前後:ロゴスneosPANELスクリーンドゥーブル

テント

ファミリーキャンパーに支持されているツールームテントの中でも、いま最も人気ある8万円クラスのコールマンとスノーピーク

もう少し予算を抑えたい方へワンランク下の価格帯にはスノーピークのツールームテントはありません。コールマンのラウンドスクリーンツールームハウスを見るか、この記事で紹介するロゴスのPANELスクリーンドゥーブルが選択肢になってきます

ロゴス LOGOS テント neos PANELスクリーンドゥーブルXL-BJセット



LOGOSが誇る、王道にして最強の2ルームテント。
1996年に登場以来LOGOSを代表する2ルームテント「ドゥーブル」。
実用性の高いリビングルームと家族6人ですごせる寝室を兼備。
PANEL SYSTEMにより、リビングの拡張と車とのリンクも可能。
デビルブロックSTを採用し、紫外線をカット&虫の侵入も防ぐ。

●寝室は家族6人すごせると記載されています。
寝室のサイズは270cm☓270cm高さ170cmで、残念ながら横幅300cmオーバーのワンランク上のコールマン、スノーピークよりは狭いので実際は家族4人、それもお子さん2人が小さい4人家族までと思ったほうが良いでしょう。3人家族なら十分なスペースです。

●リビングルームのサイズは全長から寝室部分を引くと幅約300cm☓奥行250cmとなります(コールマンタフスクリーン2ルームは340cm☓290cm)。
前に跳ね上げたキャノピー部分(下の画像の上2枚)をフル活用してようやく家族4人がゆったりできるスペースでしょうか。雨降りで閉めた場合は少し窮屈かもしれません。

【簡単設置】
2本のキャノピーポールで支えるだけで、タープとして簡単自立。居住空間も広く感じます。

●実際にはリビング、寝室それぞれに2本を交差させている構造で4本はあります。

設営時間はコールマン、スノーピークと大差無いと思いますよ

neos PANELスクリーンドゥーブル 設営編

【 強度UP】
「筋交い構造」により、フルクローズした時の強度が格段に向上。

●キャノピー(前の跳ね上げる部分)にまでポールが入っているので、これは他にない特徴です。
ただしポールの素材がFRP(繊維強化プラスチック)なんです!!!
残念ながらアルミフレームのテントよりは強度の
面で大きなマイナスポイントです

【車とリンク】
車とのリンクが超簡単。車体連結用ジョイントも標準装備。

●これは他社にないメリットですね!車に横付けしたい方は嬉しいですね

【高機能メッシュ「デビルブロックST」採用】
LOGOSが独自に開発した高機能メッシュ「デビルブロックST」を採用。
UV-CUT率、遮光率は通常比の約1.5倍です。きめ細かなメッシュなので小さな虫の侵入も防ぎます。

デビルブロックST

さまざまな機能も盛り沢山のモデルですが、一番のお買い得ポイントは、

テントぴったりグランドシート・XLがセットになって、今アマゾンでは60000円を切っています(2021年10月12日現在)

通常、テント内のシート(地面からの湿気を防ぎます。少しのクッション性もあり)と地面とテントの間に敷くグランドシートのセットは相場1万円以上です。
これが含まれている事を考慮すれば、テントは実質50,000円。

FRPのフレームではありますが十分な価値があるモデルだと思いますよ!

札幌市内、あと帯広に店舗があるホームセンタージョイフルエーケーではよくこのモデルを展示しているのを見かけます。2021年10月10日現在では、ジョイフルエーケー大曲店では現物も見られましたよ

コメント

タイトルとURLをコピーしました