タープ

【2022年最新】キャンプ初心者必見のテント選び予算別オススメ

初心者必見!初めてのファミリーキャンプに向けた2021年最新のテント選び、タープ選び。いまお店やネットで見られるファミリーキャンプ向けのモデルを価格帯と形状でまとめてみました。初めての方でも比較的かんたんに扱える、価格に見合った価値があると思える、買って失敗した!となりにくい商品だけをセレクトしていきます。
テント

徹底比較:タフスクリーン2ルームハウスMDX+とエルフィールド

初めてキャンプを始めるファミリーの8割以上?くらいが選んでいるのではと思うほど人気の「ツールームテント」その中でも売れ筋2モデルが、スノーピークエントリーツールームエルフィールドとコールマンタフスクリーン2ルームハウスMDX+(プラス)です。今回は迷って困っている方向けに細部を徹底的に比較してみたいと思いますよ
タープ

【2022年版】ゼロから揃える初めてのファミリーキャンプ用品

さぁゼロからキャンプを始めよう!という方が揃える必要があるものを順番に紹介します。いま、どんな商品を買うべきか?オススメは?何もかもが、調べても分かりにくかったり、店やネットで見ているだけでは理解しにくいのがキャンプ用品だと思うんです。知識ゼロの方でも理解できるように噛み砕いて書いていきます!
テント

徹底比較:コールマン2ルームカーブとタフスクリーン2ルームMDX+

サイズは近しい2モデルですが、タフスクリーンツールームハウスMDXプラスの「ダークルームテクノロジー」が暑さを防ぐというポイント以外は、やはりワンランク上のマスターシリーズカーブが全てにおいて上回っています。34000円上乗せして得られるメリット「頑丈さ、オールシーズン」に魅力的を感じるか?
テント

タフスクリーン2ルーム/MDX+ 2022年モデル「エアー」とは

一般ユーザーへのお披露目はまだですが、関係者向けの新商品オンライン展示会が先日開催されたようで、ネット上を賑わせています(2021年9月15日現在)。その名もタフスクリーン2ルームエアー/MDX+。「エアー」と商品名に追加されていますね。現行モデルとどこが変わったのか?来年まで待つべきなのか?をこの記事では紹介します
テント

初心者必見!タフスクリーンツールームハウスに合わせたマット

「タフスクリーンツールームハウスMDX」。同じサイズ、形状ながら遮光生地で暑さを和らげる「タフスクリーンツールームハウスMDXプラス」。十分なスペースと機能を備えて快適なキャンプを約束してくれるコールマンのツールームでも寝室にインナーマット、インフレーターマットを用意しないことには本当に快適なキャンプは出来ないです
店選び

初めてキャンプ用品揃えるならどこのお店が良いですか?北見版

オホーツク、道東エリアの拠点である北見市。札幌、旭川まで買物に行かなくてもキャンプ用品は十分に揃いますよ。坂本ホーマアウトドア&フィッシングフロス店スノーピークは道東エリアナンバーワンの品揃え、コールマンの最上級シリーズ「マスターシリーズ」も取り扱っており初心者の方のキャンプからベテランまで満足の品揃えです。
テント

徹底比較スノーピークアメニティドームとコールマンタフワイドドーム

「ドーム型テント」のベストセラー、ロングセラーとして選ばれているのが、スノーピークアメニティドームとコールマンタフワイドドーム。今回は迷って困っている方向けに細部を徹底的に比較してみたいと思いますよ。どちらもお子さんが大きい4人家族でも十分な広さを備えており、ほぼ互角かと思います!
店選び

キャンプ用品を買うならどこのお店が良いか?北海道エリア別おすすめ

この記事では、キャンプ用品をこれから揃えよう!とスタートラインに立った方が、どこのお店に行けば良いのか?を実際に幾つもの売り場を見てきた経験からアドバイスさせて頂きます。展示が無く箱に入った状態なので良く分からない、店員さんに聞いても知識が無いのか満足な接客を受けられない、そういった不満を解決するお店をオススメします
BBQ焚き火

おすすめ焚火台:ファイアグリル、ファイアーディスク、ピラミッド

キャンプ場の地面、特に芝生のところはコレ無しに地面で直に火は燃やせないですから、焚き火台が必要になります。テント、マット、ランタンほど商品の善し悪しでキャンプそのものの快適さを左右はしないので、デザインだったり、価格、ブランドで好きなものを選んでもらって大丈夫だと思いますよ。
タイトルとURLをコピーしました