キャンプ初心者でも大丈夫!コールマン4Sワイド2ルームカーブ

テント

数年前までは、初めてのキャンプだから最初はあまり高くないモデルから……….という方が大半だったのですが、ここ2、3年は

長く使いたいし、せっかくキャンプを始めるなら最初から良いモノを!

というお客様が非常に多いような気がします。

テントにかける予算が、これは私の感覚になりますが5万前後の方が多かったのが、いまは8万前後のツールームテントが一番の売れ筋で

最初から10万オーバーを予算としている方も沢山いらっしゃいます。

以前であれば10万オーバーは、数年キャンプをしてきて経験を積んだ方のステップアップするモデルという位置づけでしたが、いまはスタートから選ばれています。

コールマン「マスターシリーズ」とは??

商品も価格もビギナーに優しいイメージのコールマンですが、「マスターシリーズ」は価格がちょっと高めです。

マスターシリーズのツールームテントは今回紹介する

4Sワイド2ルームカーブ:115,800円(税込)とコクーンⅢの2モデルあります

Coleman
¥135,642 (2021/06/19 22:53時点 | Yahooショッピング調べ)

価格が違ってくる理由をあげると

  1. 耐久性:強くしなやかな「極太アルミ合金ポール」による強靭なフレーム構造
  2. 快適性:コットン混紡素材の「インナーテント」多彩な「ベンチレーションシステム」により抜群な通気性
  3. 様々な天候に完全対応:「フライシート」には特殊なコーティングを施し、照りつける日差しや強い雨にも対応

コールマン公式サイトからのアピールポイントを要約すると、以上のポイントが通常モデルを上回っていることが強調されています。

それでは「4Sワイド2ルームカーブ」を細かくチェックしてみましょう

まずは初心者の方が気になる「設営のしやすさ」は??

一番気になるポイント

「初心者の自分たちにたてられるの??1時間以上かかっちゃうかな??」という不安

結論を言いますと、初めてのご家族でもポールを決まった場所へ差し込んで立ち上げ、形にするまでに20−30分くらい。

ペグ、ロープをがっちりセットして悪天候で無ければ、40−50分あれば出来るかと思います。

公式の動画を一度御覧ください

テントの設営方法「4Sワイド2ルームカーブ」| コールマン

キャンプ場現地でもこの動画を見ながら大人2人で設営すれば問題ないと思いますよ。

設営できないから諦めて返品します…..という話は2020年1月の発売から今日まで1年以上聞いたことは無いので、皆さん何とかやっていらっしゃるのだと思います!

動画を見たけど、もうちょっとシンプルなのがいいな……立てる自信が持てないという方は、より初心者に優しい「タフスクリーンツールームハウス」と比べてみてはいかがでしょうか?

カーブは3人から4人で使うのに丁度良いサイズ

全体のサイズは画像の通り6.5m☓3.5m(張り綱を含む) 車を横付けするオートキャンプサイトに丁度よいサイズ感のツールームテントです

4Sワイド2ルームカーブ | 4S WIDE 2 ROOM CURVE | コールマン|Coleman

寝室(インナーテント)は約300×225×185(h)cmです。

この画像ではちょっと分かりにくいですが、

大人2人、お子さん2人の4人家族までは十分なスペースですよ。

3人家族ならかなりゆったりと使えます。

お子さん3人の5人家族の場合はちょっと狭いと思いますので、ワンサイズ上の「コクーンⅢ」にした方が良いと思います。

リビング部分は約350×350×200(h)cm

Coleman(コールマン)2020年新作カーブとコクーン3は日本の気候に合わせたテントに進化-野外活動(キャンプ)沼の畔から

画像はチェアが2脚ですが、4脚置いて丁度良いスペースです

悪天候に対するフレームの耐久性が別格です

太めのアルミフレームがアーチ形のフレームで構成され、強風を受け流します。
※特殊な組み方で撮影しております。正式な設営手順と異なります。(公式より)

このフレーム構造は8万円クラスの、コールマンタフスクリーンツールームハウスやスノーピークエルフィールドとは別格の耐風性があります。

急な強風や、突風、悪天候に耐えられる安心感がありますよ。

耐水性もワンランクアップします

テフロン加工のフライシートは雨を強力にはじきます!そして床面もマスターシリーズ以外のモデルとは別格の耐水性がありますので、浸水の恐れも激減しますよ。

コールマン公式より

1年中室内を快適に保つ機能性が満載

室内に明るい光を取り入れる天井「クリアルーフ」になっていることも値ごろなモデルには無い大きな特徴。日中室内にいても太陽の光が降り注ぎます。

上:フルオープンで明り取り+換気
中:ハーフオープンで遮光+換気
下:フルクローズで遮光+寒冷時期などに

太陽の光を入れすぎると暑い夏は、閉め切って温度上昇を抑えることも可能です。

メッシュになっているので室内の換気に役たちます。

寝室のサイド部分と、その外側のフライシート両方がメッシュパネル(網戸)になっているので風通しが良く暑い夏の夜でも快適です。

通気性が良い「コットン」が混紡された生地の寝室なので、サラッとして蒸れずに室内が快適です。

タフスクリーンツールームやエルフィールドはコットン混紡ではなく、ナイロンもしくはポリエステルになります

夏の涼しさに役立つ機能だけでなく、秋冬は寒さを防ぐ接地面からの外気の侵入を防ぐ「スカート」が全面にあるので冬キャンプでも安心です。

お得に買うにはどこが良いのか??

できれば展示してある現物を見て頂きたいので、札幌であれば、下記3店舗がオススメ

  1. 秀岳荘白石店
  2. アルペンアウトドア発寒
  3. DCMホーマックアウトドア元町店、篠路店

札幌以外の街であれば、スポーツデポ、スポーツオーソリティで取り扱いがあります。

北見のアウトドアショップ「坂本ホーマ フロス」では展示もありました。

定価は11万オーバーと安くはないカーブですが、

秀岳荘白石店のセール(年に2回のマスターシリーズキャンペーンは20%オフとの噂も….)

スポーツオーソリティの会員セール(こちらも20%?15%?オフ)

のタイミングで買えれば

9万円前後まで安くなります!

10万円を切る価格で、この仕様のテントを買えれば本当に良い買物だと思います!

どうしても店に行けない方はAmazonなどにもあります

Coleman
¥135,642 (2021/06/19 22:53時点 | Yahooショッピング調べ)

まだまだテントを絞れていない方はこちらを参考に

キャンプ用品をゼロから揃える方はこちらを

コメント

タイトルとURLをコピーしました