新商品:ロゴスTradcanvas Tepee 2ルーム 300

テント

ワンポールテントである「ティピー型」が充実しているロゴス

2022年の新商品として、ワンポールテントでは珍しい「ツールームテント」がロゴスから発売されています

Tradcanvas Tepee 2ルーム 300です

この記事では、このテントのサイズや仕様をチェックして、どんな方にオススメできるテントなのかを分かりやすく説明していきます!

インナーテント(寝室)は広く無いのでファミリーには厳しいです

サイズガイド

公式のサイズ図面になります。横幅の広い部分は3メートルありますが、奥が狭い(155cm)台形なので3−4人家族は無理、大人ふたりでもキツイかもしれません。

適しているのはソロキャンプ、親子キャンプ、大人ふたりなら片方が小柄でないとキツイですよ。

組立て簡単でソロキャンプに最適
公式でもソロキャンプがオススメと書いてあります

ワンポールテントの設営は簡単なのか??

このくらいのサイズのワンポールテントであれば、ポール二本のシンプルなドーム型テントと同じくらい簡単だと私は思います。動画を見てイメージしてみて下さい

【超短動画】Tradcanvas Tepee 2ルーム 300

ワンポールテントだけなら簡単なんですが、キャンプでは日除け、雨よけになる「タープ」が必須になります。それが、このツールームタイプならタープを別に貼る必要がないので簡単、楽でいいですね!

組立て簡単でソロキャンプに最適
雨除けになるリビングスペースが一人分は確保されています

価格に見合った便利な機能、仕様が充実!

定価で36000円と、ソロキャンプ用としてもそれほど高額ではないこの商品ですが、便利で快適な機能、仕様は充実していると感じます

まず便利な機能としてオススメできるポイントが、インナーなしで「タープ単体使用」が可能なことです!

タープとしても使用可能

数人で日除けだけとして使用するデイキャンプ、ソロキャンプでも画像のようなコットを使うスタイルなど多様なバリエーションが楽しめますよ

この特徴は競合モデルになるコールマン「エクスカーションティピー」も同様です

インナーテント、フライシートともベンチレーション(換気窓)もしっかりあるので、暑い日でも風通しは良さそうです

換気性に優れたベンチレーション!

素材仕様は

主素材:[フレーム]スチール
    [フライシート]難燃性バルキーポリタフタ(耐水圧2000mm、UV-CUT加工)
    [インナーシート]ポリタフタ(ブリーザブル撥水加工)
    [フロアシート]ポリオックス(耐水圧3000mm)
    [メッシュ]ポリエステル

フレームは安価なスチールですが、ワンポールテントはポール本数が1本なのでそれほど重量に影響しないのでスチールで問題ありません。

生地もこの価格では十分な耐水圧を備えていますので安心です

ロゴスのワンポールは北海道のどこのお店で見られるか???

ロゴス商品を見るなら直営店、コーナー店、フラッグシップ店の4店舗がまずはオススメ

Enjoy Outing! ロゴス:LOGOS
Enjoy Outing!「家族の笑顔のそばに100年」を目指すアウトドアブランド【ロゴス:LOGOS】のブランドサイトです。

アルペンアウトドアーズ発寒もシーズン中はロゴス売り場がありました

ただし、どのお店もツールームテントの展示が優先なのでワンポールテントの展示があるかは確認してからお出かけくださいね

2022年2月現在では、わたしは札幌市内でこのモデルを店頭展示で見たことはありません、新商品なのでこれからでしょうか??

直営店とコーナー店舗は残念ながら札幌市内だけでした。主要都市ではロゴスのテントを多く扱っているのは

  • スポーツデポ
  • ジョイフルエーケー

あたりかと思います

北海道内に限らず店頭で現物を見るのが難しいモデルかと思いますので、キャンプ場で見たり、友人知人のを見て気にいったらネット通販で買うのが良いかなと思います

使用する人数に合わせてサイズさえ間違えなければ、買って失敗したとはなりにくい良心的な商品です

まだまだテントを絞れていない方はこちらを参考に

コメント

タイトルとURLをコピーしました